×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1ブザが鳴りました


1ブザとは開演5分前に鳴るブザーのことです。
それが鳴りましたら席に速やかに着いてください。

そして、携帯の電源が切ってあるか確認してください。

幕が開くまで友達と喋っていても結構ですが、座席が暗くなりだし音楽が流れ始めたらお喋りはやめてください。

幕が開いたから、と言って歓声、拍手は厳禁。


観劇中の注意

幕が開いたからといって拍手をしない
 千秋楽だとよく拝見します。
 ですが、それは普通の舞台ではあまり見かけません。拍手をするのはやめましょう。

面白いところがあったから、といっても大声で笑わない
 演出上、笑いを取るところなどが多々あるかもしれません。ですが、面白いからといって大口あけて
 大声で笑わないでください。
 特に隊員たちが笑いを取った場合は拍手で応えてあげましょう。

咳やくしゃみはハンカチで口を被ってください
 音をなるべく響かせない工夫をしてくださいね。どうしても笑いたいときにも、有効でしょう。ですが、な
  るべく笑うときも、咳もくしゃみも小さくお願いします

観劇中のおしゃべりはしないこと
 時折、普通の声の大きさで喋っている方がいます。それはとても周りの方に迷惑に鳴ります(管理人
 は現に注意しました)。どうしても喋りたいときは、相手の耳元で小声で喋ってください。
  でも、小声で喋っているから、と言ってずっと喋られても周りの人は不快に思いますからね

ショータイムでは舞台上からの指示がない限り立たない
 再炎の大阪千秋楽で立ち上がっていたから大丈夫、と思っているでしょうがそれは間違いです。
 盛り上がる曲であっても立ち上がってしまったらそれは「マナーがなっていないファン」として覚えられ
 てしまいます。
  
声かけもなるべくしないこと
 好きなキャスト、キャラが歌うから、挨拶をするから、といって声をかけないでください。声をかけるの
 でしたら1キャストにつき1回。あまり度が過ぎますと舞台上にいるキャストから「ウルサイ」と注意され
 ます。それは声かけを拾ってくれたわけではないので勘違いしないでください。

席を替わってくれるよう、声をかけない
 基本中の基本、誰でもわかることです。ですが、卍解SHOWのときにいました。キャストが降りてくる
 けれど自分の席はそこから遠い、と言うことでその付近の席に座っている方に席を譲ってください、と
 声をかけている方が。マナーどころか人間としての品位の問題です。自分勝手すぎます。
 友人の方から好意で席を替えてくれるのならばともかく自分から言わないでくださいね。

客席にキャストが下りてきた時はむやみやたらに触らない
 キャストがハイタッチのしぐさをしてくれているのでしたらともかく、そうでない場合はキャストに触らな
 いでください。衣装を掴むなんて言語道断です。

気持ちが悪い、トイレに行きたい以外の理由で席を立たない
 今回のブリミュで、2階席の人がキャストが見えないから、と席を立っていると聞きました。
 ショータイムに限らずキャストが見えないからといって立ち上がらないでください
 キャストが見えないのはみんな一緒。立ち上がったら後ろの方々が余計に見えません。『自分だけ  が見れれば』『自分さえよければ』という思いはやめましょう。
 一人が立ち上がれば後ろの人全員が立ち上がらなければなりません。立ち上がりたくない人まで立 ち上がらないといけなくなります。
 後ろの人の為にも、そして自分が後ろ指を指されないためにも立ち上がるのはやめましょう